時間を作ることができない人が大阪で英会話教室に通うことは難しい

サイトマップ

English conversation

英会話は基礎を固めあとはとにかく使うこと

大阪で英会話をモノにするにはやはり実践あるのみだと思います。
もちろん文法の基礎は何がなんでも必要です。基礎がない上に必死に上から積んでも、土台のない建物は崩壊してしまいます。ですからまずは日本語で文法を説明してくれる先生をつけることが必須です。もちろん独学でも良いのですが、要は初めからネイティブの先生をつけると基礎をしっかりと固めることができない、ということです。実践あるのみなんだから外国に出て行ったりして実践の場を作ることは進歩の早道ですが、実践をする前にまずは机に向かってお勉強する時間はどうしても必要だと思います。
基礎をしっかりと固めた後はとにかく失敗を繰り返しつつネイティブの中に飛び込んで行ってたくさん会話することが上達の秘訣です。大阪ではなかなか英会話を使う機会がないのが私も悩みでしたが、大阪の空港など外国人と出会える場所で働くのは1つの良い方法でした。あとはやはり可能であれば海外に出て行くことです。ネイティブと会話し、恐れずに知っている単語や言い回しを使ってみます。間違いを恐れていてはいつになっても話せません。ネイティブのような英会話ができないからといって話さなければ、言葉を口に出して練習する機会を逸してしまいます。実践あるのみだと思います。

Choices

Copyright © 2017 時間を作ることができない人が大阪で英会話教室に通うことは難しい All Rights Reserved.